2017/12/08 11:58

雨にふられるのも
風にふかれるのも
歩くのも
山は楽しい

日本発、2011年からブランドをスタート。
自然に触れることに魅せられて山を楽しみ、
パリコレクションで培った企画力と山で感じた肌の感覚をもって、
アウトドアウェアやギアを提案。
スタッフはもちろん、お客様にもファンが多いandwander(アンドワンダー)。


いろいろなメーカーやブランドから商品をセレクトしてる
当店には毎月商品の請求書が届きます。
andwander(アンドワンダー)からももちろん届くんですが、
請求書と一緒にデザイナーのモリミさんから毎月お便りが同封しているんです。
その名も『モリミのお山通信』!!
なんともほっこりする名前☺
内容はというと

モリミのお山通信 Dec
サンプル作成時期の謀殺される毎日に、徳島まで車を走らせて剣山から尾根道を歩いてきた。寒いのは嫌だな、つらいのも、重いのもやだな、のんびり山を楽しみたいな、
アルプスと八ヶ岳はもう白いから南に向かえば暖かいだろうなんて甘い考えで向かった四国の縦走路は天気に恵まれて気持ちがよく中日の19kmの長い歩きにも大満足で期待以上の山行だった。
日中は汗ばむほどの陽気と夜の冷え込み、下山時に降り始めた軽い雨は、着用試験にうってつけでサンプル作成中の来シーズンに向けた薄い中綿パンツの試し履きをした。
ストレッチの利いたリップ素材とヒートアップしないアルファパンツをつくりたいと、ぼんやり考えていたのは去年の冬。秋から雪のハイキングに使えて、スキーのオーバーパンツの下にも履けるパンツが欲しい。
しっかり撥水が効いていれば雪や軽い雨なら一枚でも平気だし、着用感の軽さを大事にする分、生地は薄いけど、アイゼンや雪靴の擦れはゲイターに任せて、スキーブーツにインできるように裾周りはすっきり設計にしよう、
とあれこれ試行錯誤の中のサンプルはまずまずの使い心地。カッティングを変更したり、ディテールの使い勝手などを細かくチェック。試作の着用試験は楽しい。思考と実用のバランスがとれていないから、
なにか余計だったり足りなかったりする。アタマデッカチなアイデアは歩くと邪魔になる荒削りの中にある小さな魅力をみつけて伸ばして形にまとめていく。まだまだ続くサンプル作り。楽しみな新作は2月の展示会でお披露目です。


小売店向けのお便りではありますが、このような気持ちで実際にフィールドへ行き、色々試験をしながら
試行錯誤しながら製品が作り上げられていくんですね。
とっても個性的で時にお値段はするものもありますが
生地だったりデザインだったり・・
それはフィールドでより快適に、そしてオシャレに山を楽しんでほしいっ!
って気持ちで動いているんだと思います。

作り手さんの想いは行動は私たちがしっかりお伝えしながら、ユーザーさんには楽しく山歩きをしていただきたいし、
逆にユーザーさんの想いも伝えていかなきゃなんて思う次第です。。

オシャレに快適に楽しいアウトドアライフスタイルを!
山のぼりのある人生を!

大量生産、大量消費の時代は終わりつつあります。
想いの詰まったandwander(アンドワンダー)の商品、
一度手に取ってみて頂けたら幸いです。
長く気に入って使えるアイテムが揃っていますよ☺